血糖値を下げる効果がある青汁

青汁は野菜不足を解消できるだけでなく、血糖値を下げる効果もあり 健康ブームで話題沸騰の青汁ですが、栄養補給、便秘やダイエットだけでなく血糖値を下げて糖尿病を予防する効果もあるのです。

青汁にも種類があります。

血糖値を下げる成分を含んだ青汁を選びましょう 一口に青汁といってもその種類は様々ですが、大きく分けると4つに分類されます。

●桑の葉 桑の葉は古くから生薬として活用されていた植物で、ビタミンC,ビタミンBやカロチン、亜鉛、カルシウムなどの豊富な栄養成分を含んでおり、飲み続けることで様々な効能を実感することができます。

特に桑の葉に含まれるDNJ(TM)という成分には血糖値抑制効果があります。

DNJはブドウ糖と構造が対変よく似ており、本物のブドウ糖が来る前に糖質と結びつき、糖質は体内に吸収されることなく、小腸から大腸へ送られるのです。

DNJの結晶の結合は比較的緩いため、すべてのブドウ糖を吸収することはできませんが、食後の血糖値の急上昇を防ぎ、糖尿病の予防、血糖値の改善に効果が有るのです。

また、DNJにはインスリンの分泌を促進する効果も証明されています。

●明日葉(あしたば) 丈島や伊豆諸島などで主に作られ出荷されている野菜で、食物繊維、βカロテンなどが豊富に含まれており、特に「カルコン」という明日葉特有の重要な成分が含まれています。

血糖値の低下に重要な役割を持つインスリンは、脂肪細胞や骨格筋への糖の取り込みを促進し、血糖値を下げる働きがありますが、「カルコン」はそのグルコース取り込みを促進する作用があることが確認されました。

実際に明日葉粉末を摂取すると血糖値が下がる作用が確認されています。

また、この「カルコン」抗菌作用があることが認められ、 がん 、脳梗塞、脳血栓、心筋梗塞、高血圧症にも効果を発揮することが科学的に証明されており、白内障などの糖尿病による合併症の発症を防ぐ効果も期待されています。

●大麦若葉 馴染みのある大麦の若い葉の部分を原料としたもので、食物繊維はキャベツの約15倍、カルシウムは牛乳の約10倍ともいわれるほど栄養たっぷりの野菜です。

抗酸化作用のあるSOD酵素を含み生活習慣病の予防やアンチエイジングにも効果があると言われています。

●ケール ケール(アブラナ科)はヨーロッパ原産のキャベツの一種で非常に栄養価が高い野菜です。

またビタミン類やミネラルなどをバランスよく、野菜の中で特に多くの量を含んでいることから、青汁の原料に最も適した野菜として一般に知られています 血糖値を下げて、糖尿病の予防に効果のある青汁は、桑の葉と明日葉を含んだ製品がお薦めです。

特に食前に青汁を飲めば血糖値を上げることなく、効率よく食物繊維と豊富なビタミンを体内に摂取することができるのです。

ちんこが大きくなる食べ物
ピーリング効果のある洗顔フォームと呼ばれているものは…。
初めからその関節を動かす筋肉

関連記事一覧

体に負荷のかかる暮らしをしている人は

たとえきれいな肌になりたいと望んでいても、体に負荷のかかる暮らしをしている人は、美肌をゲットすることはできるはずがありません。どうしてかと言...

ターンオーバー(新陳代謝)が正常に行われますと

女性には便秘に悩んでいる人が多数いますが、便秘をなくさないと不用品荒れが進行するのです。繊維が多く含まれた放題を無理にでも摂って、身体の老廃...

高い値段の化粧品以外は美白効果はないと誤解していませんか

小鼻にできてしまった角栓を除去しようとして毛穴用パックをしょっちゅう行うと、毛穴が開きっぱなしの状態になってしまうはずです。週のうち一度だけ...

お子さんの自立など

近年、副業にチャレンジするサラリーマンが増加しているようです。「スマホを利用して稼げる方法が諸々あるのだ」ということが理解されるようになった...

世間には、スキンケアは必要無いという人がいます。

スキンケアを0にして肌力を活かした保湿力を無くさないようにしていくという考え方です。 けれども、メイクをする人はクレンジングははぶけません。...