身体障がい者になって初めての仕事

私は平成5年3月に初めて就職し、社会人の生活をスタートできた。

実家から通勤は手足が不自由のため困難だったので、新宿で1人暮らしを始めた。

歩くのも大変で通勤も困難なのになぜ?就労活動したかというと、すぐに治ることは難しいが何年かしたら通勤ができるぐらいの状態になる確信があったからだ。

もちろん仕事も状態が良くなれば続けていく自信もあった。

原因不明の病気になり実家を離れて12歳から20歳まで集団生活をしていた。

そのこともあり集団生活から1人暮らしになったことは嬉しかった。

自分でやるべきことが増えたが楽しかった。

1人暮らしの初日片付けを途中でやめにして気分転換に自宅付近を歩いた。

無我夢中になり気が付くと2時間ぐらい歩いた。

そのせいで次の日は全身筋肉痛になり大変だった。

無理したといえばそうかもしれないが挑戦することは良いことだと思い、つい頑張ってしまった。

子供に習わせておいてよかった習い事
鼻が通らなかったり

関連記事一覧

季節特産物 感想のリスト

一つ一つのマッサージやトレーニングの負荷が効果的なので持続性があるのかもしれませんね。 (宮沢真琴様)  個人的にはかなり前進した気がして嬉...

ネイオンビューティー|美容外科の整形手術を受けることは…。

「化粧水であるとか乳液は毎日塗っているけど、美容液は持っていない」と話す人は珍しくないかもしれません。30歳を越えれば、やはり美容液という基...

ストレスにより肌荒れが齎されてしまうというような人は

紫外線の中にいると、肌を守ろうと脳はメラニン色素を生成するように働きかけるわけです。シミが発生しないようにしたいという場合は、紫外線対策に頑...

ニキビが増加してきた時は気に掛かるとしても決して潰さないと心に決めましょう

汚い毛穴が気に掛かると、肌を乱暴に擦って洗うのは止めるべきです。黒ずみに対しては専用のお手入れ用品を使用して、穏やかに対処することが大事にな...

テサランクリア|クレンジング剤を使ってメイキャップを洗い流した後は…。

肌と言いますのは常日頃の積み重ねで作り上げられます。つるつるすべすべの肌もたゆまぬ頑張りで作り上げることができるものなので、プラセンタみたい...