身体障がい者になって初めての仕事

私は平成5年3月に初めて就職し、社会人の生活をスタートできた。

実家から通勤は手足が不自由のため困難だったので、新宿で1人暮らしを始めた。

歩くのも大変で通勤も困難なのになぜ?就労活動したかというと、すぐに治ることは難しいが何年かしたら通勤ができるぐらいの状態になる確信があったからだ。

もちろん仕事も状態が良くなれば続けていく自信もあった。

原因不明の病気になり実家を離れて12歳から20歳まで集団生活をしていた。

そのこともあり集団生活から1人暮らしになったことは嬉しかった。

自分でやるべきことが増えたが楽しかった。

1人暮らしの初日片付けを途中でやめにして気分転換に自宅付近を歩いた。

無我夢中になり気が付くと2時間ぐらい歩いた。

そのせいで次の日は全身筋肉痛になり大変だった。

無理したといえばそうかもしれないが挑戦することは良いことだと思い、つい頑張ってしまった。

子供に習わせておいてよかった習い事
鼻が通らなかったり

関連記事一覧

乳液を塗るというのは

人も羨むような肌を目論むなら、その元となる栄養成分を身体に入れなければならないことはお分りいただけると思います。綺麗で瑞々しい肌を現実のもの...

首は一年を通して外に出された状態です

歳を経るごとに、肌の生まれ変わるサイクルが遅れ遅れになっていくので、不要な老廃物が毛穴などに詰まることが多くなります。口コミで大人気のピーリ...

合理的なスキンケアをしているのに

程良い運動をするようにしますと、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が活発になります。運動に勤しむことで血の巡りが好転すれば、ターンオーバーも良く...

表面的な症状の緩和を行う対症療法

首の痛みというのは原因も症状も多様で、各人に向いている対処法が存在しますから、あなたに降りかかっている首の痛みがどんな原因で引き起こされたの...

酵素ダイエットは今直ぐにでもやり始められるのみならず…。

「頑張っているというのにどうしても減量できない」といった人は、ラクトフェリンという成分を摂取してみると良いでしょう。内臓脂肪を燃やすことが望...