マイホームにかかる予算と、契約の流れをおさらい。

理想のマイホームが欲しくて、注文住宅を選択する人が増えてきています。

しかしほとんどの人が家を建てることは初めてなので、何から手を付けていいのかわからないことが多いです。

そのため、家を建てる大体の流れを把握しておくことが大事です。

家を建てて入居するまでの流れは非常に長いものになるので、ここでは本契約を結ぶまでの流れを紹介します。

家を建てると決めたら、最初に行うことは予算を決定することです。

土地代と建物代、諸費用と新居で使用する家具代など多額のお金が必要になります。

多くの人が住宅ローンを組むことになるので、毎月の返済額に無理がないように試算することが大事です。

慎重に決めないと後に住宅ローンが払えなくなって家を手放す事態にもなりかねないので、焦らずじっくり考えるようにしましょう。

予算が決まったら土地を探します。

住みたい地域で予算に合った広さの土地を探し出すことになります。

土地によっては色々と制限があり希望する家が建てられないこともあるので、建築条件などの項目もしっかりチェックしておくことが大事です。

これから長い間住む場所になるので、周辺環境もきちんと調べておきましょう。

次に行うのが住宅会社を探すことです。

インターネットなどで住宅会社の情報を調べてから住宅展示場に出向いて、大まかな住宅プランの作成を依頼するといいでしょう。

気になる住宅会社を数社選んでおくと、比較して検討することができます。

住宅会社を選ぶことは自分の希望通りの家が建てられるかどうかの重要な部分ですので、納得できる住宅プランで家づくりを進めてくれる会社を選ぶようにしましょう。

納得できる住宅会社を選ぶことが出来たら、本格的な住宅プランの打ち合わせをするために「設計申込」のような名目の仮契約を結ぶことになります。

ここで一般的に10万円程度を支払うことになり、ここから先の作業は費用が発生するようになります。

仮契約を結んだら地盤調査に入ります。

家を支える強さがある地盤かどうかを調べ、補強が必要になった場合は費用が発生します。

多いと100万円超える高額な費用が必要になるケースもあります。

地盤調査が終わったら、住宅プランの詳細な打ち合わせを行います。

部屋の間取りや設備、内装や外装などの細かいことを決めていきます。

何度か打ち合わせを行い住宅プランが固まったら、最終的な見積もりを出してもらいます。

ここで予算オーバーしていると住宅ローンの支払いが困難になるので、住宅プランの見直しが必要になります。

希望する家を建てるためにも、住宅会社と適度に値段交渉をしてみるのもいいでしょう。

見積もりが予算内に収まったら、「請負契約」と呼ばれる本契約を結ぶことになります。

住宅会社と契約者の両者が合意したことを基本に契約することになるので、契約約款はしっかり読み、疑問に思うことはどんなことでも質問しておくことが大事です。

不安がある場合は専門家に相談して契約内容の変更を依頼することもできます。

理想のマイホームを手に入れるために、契約者にとって不利な契約内容になっていないかどうかをしっかりチェックしておきましょう。

カミソリと線香、どっちがいい?
パパウォッシュ|コンプレックスを排除することは非常に意味のあることだと考えています…。

関連記事一覧

あなたは化粧水をたっぷり使用していらっしゃるでしょうか

小中学生の頃よりそばかすに苦慮しているような人は、遺伝が根源的な原因だと言えます。遺伝を原因とするそばかすに美白専用のコスメアイテムを使って...

神戸のサラダ名店 赤ひょうたん

私が子供の頃にあった神戸の名店をいくつかご紹介したいと思います。まず忘れてはならないのが、赤ひょうたんというお店です。今では当たり前になった...

さすが宅配クリーニング!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ

賃貸契約で住んでいたところから引っ越しする際、最後に出て行く時には、なるべくきれいに掃除をしておきましょう。 具体的に何か、良い効果があるな...

世界一簡単な脚痩せエクササイズ

部分痩せは効果を出すのが難しいといわれていますが、自分の脚太りの原因が分かれば、短期間で効率的にダイエットに成功することが可能です。モデルさ...

幼少期に何度も読んだ感慨深い漫画も…。

漫画を購入するなら断然電子書籍という人が右肩上がりに増えています。バッグなどと一緒に携帯するなんてこともなくなりますし、収納場所を考える必要...