モチベーショはシチュエーションによって源泉を変えるべきなのかなと思った本

以下のサイトで簡単に説明しています。

お薦めの本の紹介です。

ダニエル・ピンク博士の『モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか』です。

全くその通りだと思ったよ。

内発的動機づけの本もはや、アメとムチ(成果主義)では上手くいかない現在、ほとんどのビジネスの現場では、成果主義=アメとムチがモチベーションを高める手段として用いられている。

「モチベーション3.0」を読んでからというもの、モチベーションについて考え続けています。

「フリーエージェント社会の到来」も多大な影響を受けましたし、ダニエル・ピンクの著書は僕と相性が良いようです。

もうたくさんの人がレビューを書いていると思いますので。

最近の自分のテーマとして「いろいろ書いてみよう!」というのがあるので、やや古く、そこまでの感銘を受けた本でもないのですが、書評に挑戦してみたく思います。

まずは、モチベーション*.0とは、以下の様に本書では規定しています。

皆さんはモチベーションをアップデートしてますか?アメとムチは全時代の遺物であり、スマホや技術の進化により、私たちはモチベーションの上げ方も更新しなければいけません。

今回は著書モチベーション3.0をかいつまんで説明していきます。

モチベーション3.0 -持続する「やる気」をいかに引き出すか- まとめのまとめ。

スタッフ舞田です。

私が今、ドはまりしている本がこちら。

『モチベーション3.0 持続する「やる気!(ドライブ!)」をいかに引き出すか』(ダニエル・ピンク著/大前研一訳)は、内発的動機付けがこれからの主流となることを、多様なビジネス事例や最新の研究結果を紐解きながらわかりやすく説いた一冊。

しわが生じ始めることは老化現象だと考えられます
盛んに宣伝されている

関連記事一覧

しつこい腱鞘炎が発生してしまう場合

お風呂の時にスポンジを使って肌を力ませに洗浄すると、腱鞘炎が削ぎ落とされて肌の水分が失われてしまうおそれがあります。入浴した時に肌を洗う際は...

凄い!強力な痩身成分があると話題の医師開発のダイエットサプリ

「来週のプールまでにとりあえず痩せなきゃ」などなど…こんな時どうする!? ということで、Rayの読者アンケートで『1週間後にプー...

Tゾーンに発生してしまった忌まわしいニキビは

1週間に何度かは普段とは違うスペシャルなスキンケアを実践しましょう。連日のお手入れにさらにプラスしてパックを使えば、プルンプルンの肌になるこ...

「額部にできると誰かに好意を持たれている」

メーキャップを夜寝る前までしたままの状態でいると、美しくありたい肌に負担を強いる結果となります。美肌が目標だというなら、自宅に戻ったら大至急...

膝の痛みにおすすめのストレッチを紹介

少し前に市民の声に応える姿勢で期待された膝が失脚し、これからの動きが注視されています。ひざに対する期待は鳴り物入り的なものでしたが、すると連...