モチベーショはシチュエーションによって源泉を変えるべきなのかなと思った本

以下のサイトで簡単に説明しています。

お薦めの本の紹介です。

ダニエル・ピンク博士の『モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか』です。

全くその通りだと思ったよ。

内発的動機づけの本もはや、アメとムチ(成果主義)では上手くいかない現在、ほとんどのビジネスの現場では、成果主義=アメとムチがモチベーションを高める手段として用いられている。

「モチベーション3.0」を読んでからというもの、モチベーションについて考え続けています。

「フリーエージェント社会の到来」も多大な影響を受けましたし、ダニエル・ピンクの著書は僕と相性が良いようです。

もうたくさんの人がレビューを書いていると思いますので。

最近の自分のテーマとして「いろいろ書いてみよう!」というのがあるので、やや古く、そこまでの感銘を受けた本でもないのですが、書評に挑戦してみたく思います。

まずは、モチベーション*.0とは、以下の様に本書では規定しています。

皆さんはモチベーションをアップデートしてますか?アメとムチは全時代の遺物であり、スマホや技術の進化により、私たちはモチベーションの上げ方も更新しなければいけません。

今回は著書モチベーション3.0をかいつまんで説明していきます。

モチベーション3.0 -持続する「やる気」をいかに引き出すか- まとめのまとめ。

スタッフ舞田です。

私が今、ドはまりしている本がこちら。

『モチベーション3.0 持続する「やる気!(ドライブ!)」をいかに引き出すか』(ダニエル・ピンク著/大前研一訳)は、内発的動機付けがこれからの主流となることを、多様なビジネス事例や最新の研究結果を紐解きながらわかりやすく説いた一冊。

しわが生じ始めることは老化現象だと考えられます
盛んに宣伝されている

関連記事一覧

スキンケアにはアンチエイジング対策用の化粧品を使えば

お肌が薄い人は、そうでない人と比べてシワがたくさんできるということを、ご存知でしたでしょうか。シワができやすい自覚のある人は簡単に自己チェッ...

アロエという植物はどういった疾病にも効果を示すとの説はよく聞きます

「きれいな肌は夜作られる」というよく知られた文言を聞かれたことはありますか?きちんと睡眠時間をとるようにすることで、美白が作られるのです。ち...

洗顔を行なうという時には

洗顔料を使った後は、最低でも20回はしっかりとすすぎ洗いをしなければなりません。こめかみやあごの周囲などの泡を洗い流さないままでは、ニキビな...

生理前に肌荒れが酷さを増す人がいますが

中高生時代に生じることが多いニキビは、皮脂の分泌量に影響されますが、思春期が過ぎてから生じるニキビは、心労やアンバランスな生活、ホルモンバラ...

口コミ・評判|アトピーみたく容易く改善しない敏感肌の方は…。

年齢とともに増加するシミ、しわ、栄養補助食品、そしてたるみ、くすみ、黒ずみ毛穴などを改善して美しい肌をゲットするためには、十分な睡眠時間の確...