新型うつとはいったいどんな病気なのか

頭痛を軽く見てはいけません。

生活に支障をきたす場合や背後に命にかかわる病気が隠れていることも。

このページでは「片頭痛」と「緊張型頭痛」を例に、頭痛の原因別予防法・対処法について、頭痛外来の先生が解説します。

頭痛でお悩みの方、お読みください。

しのだの森ホスピタルの気分障害(うつ・躁うつ)について、長時間労働やストレス過多が引き起こすという「心の病」。

しかし本音として「心の病気なんて、弱い人間がなるものだ」と考えている方も多いのでは? 40代男性(メーカー中間管理職)の方の体験談です。

メンタルヘルス対策担当者として成果が出てきた矢先での「一人の若者の死」。

担当者としての苦悩をご紹介します。

働きざかりのビジネスパーソンが“うつ病”を患うケースが増えている。

社会経済生産性本部の調べによると、心の病を患う従業員が「増加傾向」と回答した企業は56.1%、2年前の調査と比べ減少したが、依然として高い水準であることが分かった。

うつ病体験談 Oさん(40代 男性 会社員)は職場の人間関係から「会社に行くのが憂うつ」、「眠れない」などの症候が出て心療内科を受診。

うつ病と診断された後、かつて鎮痛剤を飲めば治まっていた頭痛、腰痛、肩こりがさらにひどくなって…。

うつ病体験談 Kさん(40代 男性 会社員)は中堅メーカーに勤めるサラリーマン。

責任感が強く、典型的な会社人間で、昇進も早かったKさん。

順風満帆な人生を送っていたのですが、 勤め先が外資系企業との合併で状況が一変… 。

毎朝、目覚まし時計が鳴り響く中で、重い体をようやく起こす。

その後に思うことは「会社に行きたくない…」だったりしませんか。

心の中では「働きたくない」と思いながらも、出勤する日常が続けば、気づかぬうちに心が疲弊していくものです。

どこかで切り替えないと…と感じている方のため、「働きたくない病」の原因と、気持ちを楽にするために試してほしい対策をご紹介しましょう。

毎日何かしらのストレスを感じながら生活をしています。

しかし過度になると、疲労や睡眠不足になったり、心身に不調をきたす可能性も!?30代男性(銀行員)の方の体験談です。

昇進と栄転をきっかけにますます意欲的に働いていたが、重責がプレッシャーとなり苦悩の連続となっていった体験をご紹介します。

【PR】 男性より女性に多いといわれていたうつ病が、最近、働き盛りの男性での発症が増えていることの背景を、職場や家庭で男性が背負っているストレスの具体的な内容とともに紹介します。

心の病
皮膚にキープされる水分量が多くなってハリのある肌状態になりますと
帰宅後のDVDなどに

関連記事一覧

高い値段の化粧品以外は美白効果はないと誤解していませんか

小鼻にできてしまった角栓を除去しようとして毛穴用パックをしょっちゅう行うと、毛穴が開きっぱなしの状態になってしまうはずです。週のうち一度だけ...

自分の肌をしっかり見るということ

なたは普段、どれぐらい自分の肌って見てらっしゃいますか? 若い頃はヒマだったのか(笑) けっこう気にしてしょっちゅうチェックしたり、色んな化...

赤みや黒ずみもない透明な肌になりたいと思うなら

赤みや黒ずみもない透明な肌になりたいと思うなら、ぱっくり開いた毛穴をしっかり閉じなくてはいけません。保湿を重視するスキンケアを実行して、肌の...

女性自衛官の現状

自衛官彼女の悩み多き演習シーズン 前々回から陸上自衛隊の職種徽章をご紹介していますが、今回は別の話題。自衛官との恋活をご希望されているみなさ...

酵素飲料

友達にこれ太鼓判だからと勧められて、酵素ダイエットをやってみることにしました。 一回の食事をドリンクタイプのものに置き換えて摂取しています。...